クレジットカードを利用していると、さまざまな問題に直面することがあります。 こんなときに、問題を解決するための知識が全くなければ、ただただ困り果てて右往左往するだけに。 しかし、問題を解決する方法を知っていれば、いざというときに迅速に対処することができますね。 このサイトでは、そんな「知っておくべき」クレジットカードの情報について紹介していきます。

まず最初に紹介するのは「利用明細書」について。 当たり前すぎるサービスのため、軽く見ている方が意外と多いのですが、実は、非常に重要な役割を果たしてくれています。 以下より、利用明細書が担う役割について解説していきます。

重要な役割を果たす利用明細書

クレジットカードを利用している方のなかには、「利用明細書って必要なの?」と感じている方もいるでしょう。 それどころか、利用明細書なんか「一度も確認したことがない」という強者(つわもの)も。 確かに、クレジットカードを利用する機会が少なく、「利用金額はしっかり把握している」という方にとっては、無用の長物に感じられるかもしれません。

しかし、利用明細書は「自分が使った金額」をチェックするだけのものではありません。 どちらかと言うと、不正利用をはじめ、「自分の把握していない支払い」をチェックするためにあります。

不正利用にいち早く気付くため

クレジットカードの「盗難保険」の適用を受けるためには、不正利用を早期発見する必要があります。 なぜなら、盗難保険の多くは「被害の届出から60日以内の損害」しか補償対象としていないため。 つまり、不正利用された日によっては、被害を発見できる機会は1回しかなく、毎月しっかり利用明細書をチェックしていなければ、補償対象外となってしまいます。

勝手に支払いがされている可能性

第三者による不正利用以外にも「自分の把握していない支払い」が発生する可能性はあります。 たとえば、クレジットカード情報が登録されているスマホで、子供がゲームに高額課金をしてしまうケースなど。 こういったケースは最近増えていて、日本クレジット協会国民生活センターでも注意を呼び掛けています。

また、クレジットカード加盟店(お店)のミスで、支払いが二重に計上されてしまった事例も報告されています。 このようなミスに関しては、いちいち利用者からカード会社に連絡せずとも、金額の修正・返金が行われるはずです。しかし、そのまま放置される可能性もゼロとは言い切れません。 このような事態に遭遇したとしても、毎月しっかりと利用明細を確認していれば、すぐに気付いてカード会社に問い合わせることができます。

利用明細書の活用術

ここまでの内容で、利用明細書をしっかり確認することが「いかに大事か」がわかっていただけたかと思います。 ここからは、ただ確認するだけにとどまらず、明細書を便利に利用する方法、すなわち「活用術」について触れていきます。

Web明細に切り替える

まず1つ目の活用術ですが、紙で郵送される明細書を「インターネットで確認するWeb明細書に変更する」というもの。 紙の明細書は発行・郵送のコストが高く、最近では、どの業界でもWeb明細にシフトしています。 クレジットカード業界もご多分に漏れず、数年前から利用者にWeb明細に切り替えてもらえるよう様々なキャンペーンを行っています。

「どうしても紙の明細書がいい!」という方でなければ、この流れに乗って、Web明細書に切り替えることをオススメします。 というのも、Web明細書には、紙の明細書にはないメリットがいくつかあるからです。

まず1つ目は、Web明細に切り替えると「得をする」こと。 クレジットカード会社のなかには、紙ベースの明細書発行を「有料」としているところがあります。例えば、楽天カードdカード(旧DCMX)などなど。 これをWeb明細に切り替えることで、楽天カードなら82円、dカードなら50円という明細書発行手数料が無料になります。

また、紙ベースの明細書発行が無料でも、Web明細書に切り替えることで、ポイントをもらえたり年会費が割引きになるサービスを行っているカード会社もあります。 各社とも明細書のペーパーレス化を推進しているので、自身のカード会社がお得なサービスを行っていないかを確認してみましょう。

データとして整理しやすい

次に、Web明細書はcsv形式やpdf形式で自分のパソコンに保存することができるという点。「いやいや、紙の明細書も保存することはできるし、何がメリットなの?」と感じる方もいるでしょう。 このメリットは、「データが整理しやすく、手間ひまが省ける」という点です。

例えば、個人事業主の方などが確定申告をする場合、クレジットカードで支払った経費も当然計上したいですよね。 この場合、紙の明細書だと、1年分の明細を目視ですみずみまでチェックして、ひとつひとつを書類にまとめなければなりません。 一方、csvなどのデータになっていれば、該当の項目を「検索」でピックアップしてまとめるだけです。 これは実際経験するとわかるのですが、圧倒的な時間の短縮になります。

ここでは、2つのメリットを紹介しましたが、他にも「出先でも確認できる」「他人に見られる心配がない」「エコ」などメリットはたくさん。 現在、紙ベースの明細書を利用されている方は、Web明細への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか?

ショッピング枠現金化を利用したときの明細は?

一時下火になったものの、最近また利用者を増やしつつある、ショッピング枠現金化サービス。このサイトをご覧になっている方の中にも、利用した経験のある方がいるかもしれませんね。 さて、このサービスを利用した場合、明細書の「ご利用先」や「商品名」には、どういった記載がされるのでしょうか?

これは、購入した商品や現金化業者のショップ名などになります。間違っても「ショッピング枠の現金化サービス」などと表示されることはありません。 Amazonギフト券の換金業者の場合は「Amazon.co.jp」と記載されるようですが、Amazonギフト券は金券なので、カード会社にクレジットカードを利用停止にされるリスクがあるようです。

クレジットカードの現金化は、カード会社の利用規約に反する行為であり、最悪の場合、強制退会の上、残債の一括返済を求められる場合があります。 強制退会とされたとしても、支払いを延滞した訳ではないので、いわゆるブラックリストにのることはありませんが、安易な気持ちで利用しないように注意してください。